ダンまち スロット クリスタル

ダンまち スロット クリスタル

あなたも好きかも:ポケモン 初代 スロット
 転生者だという事が知られたら、力を悪用するクソ野郎というレッテルを貼られるのが怖かったから

 そういう奴らと同じだと見なされるのが嫌だったから

 隣で話を聞いていたラウラは、今度は静かに手を握ってくれた

あなたも好きかも:スロット 負けない 立ち回り
柔らかくて暖かい彼女の手が包み込んでくれた瞬間、彼女に拒絶されるのではないかという恐怖が少しずつ消えていく

「捨てないよ、お姉ちゃんは」「…………」「タクヤは私を助けてくれたし、みんなの事も助けてるじゃない

タクヤはクソ野郎なんかじゃない

とっても大切な私の弟(恋人)だよ」「ラウラ…………」 静かに寄り掛かってきた彼女は、俺の手を包み込んでいた手を一旦放してから、今度は両手を伸ばして俺を抱きしめてくれた

彼女が言ってくれた優しい言葉と幼少の頃から何度も包み込んでくれた甘い香りが、拒絶されることを恐れていた心の中にゆっくりと染み渡っていく

 やがて、彼女の言葉で癒された心の中から安堵が産声を上げる

けれどもその産声をかき消してしまうほどの勢いで湧き上がり始めた感情のせいで―――――――俺は再び、涙を浮かべる羽目になった

 ――――――――嬉しいんだ

彼女に”恋人”と呼んでもらえたことが

あなたも好きかも:愛知 パチンコ 営業時間
 俺は、拒絶されなかった

 受け入れてもらえたんだ

 だから、涙が止まらない

 俺も両手を伸ばして彼女を抱きしめると、ラウラは俺が泣いていることに気付いたのか、静かに頭を撫でてくれた