スロット オーシャン

スロット オーシャン

 沢さんは卓上端末のキーから手を離し、画面を消した

「ただ、彼が何かをやった時は別だ

その時は、僕もそれなりのアクションをする」「そうなると思ってるんですか?以前、伊達さんはここにいたんですよね」「あの時と同じ彼なら、僕や塩田君は何も心配しない

でも、1年以上の間がある

あなたも好きかも:パチンコ 求人 バイト
良しに付け悪しきに付け、人は変わる

彼が変わらないという理由もない」 こちらへ向けられる視線

あなたも好きかも:パチンコ 前田 慶次
 私の意図を尋ねるような

「私は伊達さんの事は知らないし、昔の事もよく知らないけど

彼を信じるのは、悪い事なんですか」「人としては、その方がいい

あなたも好きかも:パチンコ グループ打ちとは
組織を守るため、自分の利益を守るためなら疑った方がいい」「沢さんも、疑ってるんですか」「信じる理由がない

不意に彼が現れた理由

名雲君や、……池上さんとのつながり

そこを利用して付けいってこないとも限らない」 淡々と語る沢さん

 ショウは黙ったまま

 七尾君も、同様