パチンコ セキュリティー

パチンコ セキュリティー

……声が聞きたい……――

あなたも好きかも:elona カジノ 権利書
 翌日……

 送迎車に乗って学園に真っ直ぐ来た優樹は教室に入ってすぐ、唖然と視線だけで辺り見回した

 朝の風はまだ少し肌寒い

窓からその風が入って来てみんなが身震いしている

「……どうしたの、これ……、なに……」 自席に近寄りながらも訝しげに呟いていると、近くにいたクラスメートの女子が不愉快そう口を尖らせた

「夜のウチにやられたみたいだよー

石が投げ込まれてたんだって

あなたも好きかも:中山 スロット
用務員さんたちがすぐ片付けしてくれたけど……寒ーっ」 少し顔をしかめて足を踏み出したが、ジャリ……と何かを踏んでそこから足をのけた

ガラス片だ

 ――教室一面の外に向いたガラスがない

綺麗に掃除し切れていないのか、所々にはまだガラスの細かい破片が落ちていて、窓際の席の生徒たちは怖々とそこから離れている

 ……酷い

……こんなことするなんて……

 鞄を机に下ろして椅子に腰掛けながら、割られた窓を不安げに見回した