キッチン・ドラマ:スシ・マニア

キッチン・ドラマ:スシ・マニア

そんな彼らを遠目に見て、小野寺と春日は面と向かい、少し俯いた

何かを話している感じでもない二人に、「……ほら! 何か話せ!」と、内心、みんながせっつくが、しかし、遠目で見る限り二人は動かない

あなたも好きかも:パチンコ 稼ぐ 方法
せめて、最後の握手なり、抱擁なり、今までの愛しさを発散させると思っていたのだが……どう見ても、二人は動かない

 文通だけの関係だったからか? それとも、ようやく、“逃げる”なりの相談でも始めたか? と、思っていたが、ふと、春日がゆっくりと背を向けた

そのまま、振り返ることなくゆっくりと歩いて行く姿に、みんなは感情の籠もっていない会話を口にしながら顔を見合わせた

あなたも好きかも:札幌 パチンコ 地図
……しばらくして、春日の背中を見送るように小野寺の腕が動いた

あなたも好きかも:パチンコ オーパー
どうやら涙を拭っているようだ

その様子に華音は切ない表情で生美を見上げたが、生美は小さく首を振っただけ

 小野寺はしばらくしてみんなの元に戻ってきた

赤くした目にうっすらと涙を浮かべて、それでもなんとか笑みを溢し、お辞儀をした

「……ありがとう……

……あなたたちに会えて……良かった……」 顔を上げても誰とも目を見合わさず、そのまま、間を通って門を潜ろうとした小野寺に「先輩」と、反町が声を掛けた

「……もう、いいんですか?」 そう問い掛けると、小野寺は反町を振り返って苦笑した

「……ごめん、だって」「……」「……それだけで、充分

……これで、私も……前に進めるから、ね……」 そう微笑んで、小野寺はみんなに「ありがとう……」と声を掛けながら、母親と話しをし続けている優樹に近寄った

「……大島さん、ありがとうね」「可純、あなたったら、どうして早く紹介してくれなかったの? こんな形でお会いするなんて、失礼じゃない」 呆れるように注意されて、小野寺は少し笑った

「ごめんなさい