戦 律 の ストラタス スロット

戦 律 の ストラタス スロット

蝶の飾りで、銅貨五枚くらいに……」「えっ、そんなに手頃なんですか⁉︎」 ルーシーが歓喜の声をあげる

 こんなに可愛いのに、たったそれだけ⁉︎ と、大喜びだ

「欲しいです!」「ごめん、ルーシー

あなたも好きかも:パチスロ コピペ エウレカ
これはまだ世に出せない

あなたも好きかも:クレジットカード 馬券購入
試作品だ」 申し訳なく思いつつそう言うと、シュンと項垂れてしまった

 すると、ルーシーと同じく、ロビンまで項垂れて、所在無げに視線を机の飾りに落とす

「……試作……

 試作っていっても……ちゃんと使える品であっても……使えないんですよね、これ……」 か細い声で、とても悲しそうにロビンは言い、唇を噛み締めた

 今の段階では、これは世に出せない品だ

あなたも好きかも:パチスロ 破産 者
そういう意味で、言ったのだろう

 そうしてしばらく沈黙した後、自身を奮い立たせるかのように、歯を食いしばって、顔を上げる

「これ……楽しかったです

作ってる間、とても! 全部初めて作る意匠で、単純なのに、洗練されてて、何度も、溜息が溢れました

こんな簡単な構造なのに、今まで誰も思いつかなかったのかって……

 俺、身近な人が身につけているの想像したり、あまりしたことなかったんです

装飾品はどれもこれも高価だから、俺ら庶民には、簡単に贈ることもできなくて……身につける場所だって、ないですし……」 それはそうだろうな……と、思いつつ、彼の言葉の続きを待つ