パチンコ 六浦

パチンコ 六浦

……確かにお父様とは同じ城にいながらも世間の親子みたいな関係になったことはない

でも、たった一人の肉親なのよ! そんなお父様を倒そうとしているニンゲンがいる……私がここで戦わなくて誰が戦うのよ!!」 う〜ん、複雑な家庭環境みたいだな

部外者の俺にはよく分からないけど

 魔王妃様は既に亡くなっているらしく、このお姫様にとっては父親の魔王が唯一の家族……だから決して失いたくない

あなたも好きかも:コブラ カジノ
一人になりたくない……そういうことなんだろう

あなたも好きかも:三重県 24時間営業 パチンコ
「アストリア様だっけ? 部外者の口から言っていいことじゃないと思うけど、継ぎたくないなら別に魔王を継がなくてもいいんじゃないかな? 世界を自由に旅をしたいなら、そうすればいい

この世は自由であるべきだと俺は思うよ

確かに難しいかもしれないけど、だからと言って家や立場に縛られて一生自分のやりたいことをできないってのは人生つまらないと俺の価値観では思うからね

いや、それを押し付けることはしないよ? 一人一人価値観がある訳だから」「…………貴方、夜華ちゃんみたいなことを言うんだね」「……その夜華ちゃんってのはアストリア様にとってどんな存在なんだ?」「夜華ちゃんは初めて私の願いを肯定してくれた唯一無二の親友よ!」 全く……なんでこのカオスな世界は腐っているんだろうね? フィードの件と言い、なんか作為的なものを感じるな……まあ、それがヴァパリア黎明結社っていう組織のやり方なのかもしれないけど

「じゃあ、アストリア様を含めて三人……というか、雪乃さんを含めて四人vs俺でいいよ」「えっ……なんで私が魔王なんかのために?」「おいおい、お前も魔王軍四天王だろう? 四天王の最後のお勤めとして魔王を倒そうとする不埒な人間と戦うくらいの誠意を見せろよ」 ほら、三人とも「うんうん」って首を縦に振っているよ

「…………全く勝てる気がしないですが、こうなれば仕方ありません! 魔王軍四天王【氷王】の氷麗=スノーワイト=雪乃、全力を持ってお相手致します!!」 さあ、始めよう

――勝負だ、魔王軍四天王!!

あなたも好きかも:パチンコ めぞん一刻 好きなのに プレミア
異世界生活百四十九日目 場所ジュドヴァ=ノーヴェ魔族王国、魔王都市ジュドヴァ、魔王城【――システム起動

《神代空間魔法・夢世結界》の発動、完了しました

耐性及び無効スキルの無効化、超越者(デスペラード)の優位性無効化、HPゲージの表示完了しました】 中空に画面が生まれ、エンリの姿が映し出される

 さて、この中で一番ステータスが高いのは雪乃だ

次いでに魔王軍四天王の二人、魔王の娘と続いていく