パチンコ 正月 出る

パチンコ 正月 出る

 そして、そのずれがわかっているのは、何も考助だけではない

 だからこそ、孤児院長と同じ巫女であるシルヴィアが、補足するように付け加えて言った

あなたも好きかも:パチンコ 総付景品とは
「孤児院長、何も私たちは、無責任にもゼロ君を放り出すつもりはありません

あくまでも、選択の余地を残してあげたいと考えているだけです」「選択・・・・・・」「そうです

今回私たちは、ゼロ君に研究者という道を提案しました

ですが、成人に近付けば、冒険をしたいと考えるようになるかもしれません

あるいは、ギルドの職員という道もあるでしょう

それを最初から縛って決めてしまうのではなく、複数の道を用意しておくのも大人としての責任ではありませんか?」 そのシルヴィアの説明に、孤児院長は虚を衝かれたように、両目を見開いた

 その顔には、そんなことは考えたこともなかったと書いてある

あなたも好きかも:baccarat(バカラ)
 孤児院長の驚きを理解できたシルヴィアは、一度頷いてから続けた

「研究者としての適性があるならそれも良し、無いのであれば、今まで通りの生活に戻って、将来を考え直せばいいのです」「適性・・・・・・」「そうです

才能はともかく、本人のやる気がないのに、そのまま継続させてもどちらにとってもよくはないですから」 駄目押しするようにシルヴィアがそう言うと、孤児院長は考え込むように黙り込んだ

 その孤児院長の顔を見た考助は、シルヴィアの言葉を引き継ぐように言った

「いきなりの提案でいろいろと考えることもあるでしょうから、ゆっくり考えてください

・・・・・・といっても、何カ月も待たされるのは困りますが」「いえ、流石にそれは・・・・・・」「そうですか? それでしたら、決まった時点でクラウンに連絡をください

料金はこちらで払っておきますから」 クラウンでは、対象の冒険者に言伝のようなものを伝えることができるシステムがある

 手紙の簡易版のようなものだが、手紙よりも料金が安くて、よく利用されているのだ

 考助の言葉に、孤児院長は快く頷いた

 あまりにも突拍子もない提案で、時間がもらえるのはあり難かった