爆サイ 大阪 パチスロ

爆サイ 大阪 パチスロ

あなたも好きかも:マニアック パチンコ
 リビングにあるソファに腰を落ち着けた考助に、ピーチと同じように驚いていたコレットが聞いて来た

「それで? 何をしに来たのよ?」「いや、この魔道具の効果を確かめるついでに、子供たちに会おうかと」 考助はそう言いながら、顔についているお面(・・)を指しながらそう言った

 同じような効果を持つお面は、ミツキも着けている

 コレットは、考助とミツキが着けているお面を奇妙な物を見るような視線で見ながら言った

「随分と変わったお面に見えるけれど、なんのためにそんなものを?」 お面の形は能面のようになっているので、そんなものをつけた者が街の中を歩いているだけで奇妙極まりない

 ところが、そのお面を付けている考助とミツキは、さほど注目を浴びていなかった

 考助が確認をしたかったのは、そのことだったのだ

「――というわけで、このお面には、認識阻害の魔法がかかっているんだよ

ただし、着けている当人が認めた人にはきちんと見えているけれど」 あっさりとそう説明をした考助に、ピーチとコレットは同時にため息をついていた

 考助が無駄に高性能な魔道具を作ることは珍しいことではないが、このお面はそれらにも勝る代物だった

あなたも好きかも:パチンコ ギルティ クラウン 設置 店
 なぜそんな物を作るために、それほどの高性能な機能をつけるのかという意味において

「お面の意味は分かったけれど、なぜそんなものを?」 もっともなコレットの疑問に、考助はけろりとして答えた