ダブルス

ダブルス

あなたも好きかも:ムラマサ パチンコ スペック
いつもなら野菜の名前がつくものは、グランドールに小突かれてからか、リリィに見られているかでもしないと絶対に口にいれない

しかし今日は、ルイは自分から口にする

 (このオッサンと口を利くよりはマシだ)その一心で、取り皿にトングで根菜を移し、ルイは先ずは少な目に口の中に入れて食べ始める

(あれ?)歯で咬み、舌で味わいながら、もう一口、今度は多めに含んだ

あなたも好きかも:スロット 実況者
(思っていたよりも旨いな

あなたも好きかも:ミニストップ vプリカ
ライスボール、いや、普通のライスのおかずにしたら、結構いけるかも)一応マクガフィン農場で働いている少年は、好んで食べはしないが、野菜がどうやったら美味く食べれるか考えていたりはするのである

竈番のマーサの味付はルイと相性が良かったのか、蓮根や牛蒡の歯応えがあって、野菜嫌いの少年は思っていた以上に食が進んだ

歯応えがある小気味良い根菜を、咀嚼する際にバリバリという音がするので、"食べているアピール"も成立している

中年の男も、ルイが感慨深く美味しそうに食べる姿にに、話しかけづらい状態になっていた

野菜の"恩恵"で気持ちよく食事が進むので、少しだけ笑って食べる

(オレ、この野菜なら好きになるかもな)味もあるが"きっかけ"で野菜が―――苦手なものが好きになる経験をルイは産まれて初めてする

『貴族が嫌いと言えば、それでは、グランドール様はパドリック様とご一緒の部屋になって、大層気詰まりな思いをされているのではないのですか

代理の領主はやはり気が利かないな!私が一言言っておきましょう!』そして、"ほとほと呆れる"という体験も産まれて初めてしていた

気持ちよく食べる食事を、またしても横にいる中年の男によって邪魔されて、ルイは思わず―――盛大に舌打ちをした

この舌打ちは、グランドールの"大嫌いな貴族"と接触した時に鳴らすものと瓜二つで、十分に代表の男を威嚇して怯ませる事に成功する

『一応言っとくけれどもさ、グランドールのオッサンとアルセン様、親友っすよ

それこそ、2年前に拾ったらクソガキより、オッサンは何かあったらアルセン様を選ぶっすよ』そう語りながら、ルイは楽しそうに話している、グランドールとアルセンが容易に想像出来る

『しかし、先程グランドール殿は、貴族が嫌いだと、ルイ殿が』グランドール直伝の舌打ちに怯えつつも、中年の男が言うとルイは癖っ毛の頭をボリボリと掻いた