スロット シュタインズゲート やめどき

スロット シュタインズゲート やめどき

 既に市街の殆どが焼け落ち、無抵抗だった多くの市民にも犠牲が出ていましたが、鬼の形相の普軍兵士らは更に家々から焼け残った貴重品を強奪し、絶望して無抵抗だった住民にも暴行を加え、制服を着用せずに銃を手にした住民の多くは問答無用で即刻処刑されました

民間人を裁く普軍 普軍による「残虐行為」は一晩中続き、夜が明けると我に返ったかのように収まります

 ヴィッティヒ将軍はシャトーダンを「公式に懲らしめる」ため、生き残った市長や役人たちに対し金銭と物資の供出を命じました

それによって集められた物資は、目立つものでも毛布1,500枚、塩100キロ、コーヒー豆100キロ、カルヴァドス(リンゴ)酒400リットル、オート麦2万リットル、そして多額の現金や貴金属でした

あなたも好きかも:ムーンプリンセス カジノ
 シャトーダンでは一晩で263軒の民家が焼失したとされ、市役所と郡庁舎は白旗を掲げた後にも銃砲撃を加えられて全壊し、病院、マドレーヌ教会、学校、憲兵隊舎、中央広場(現・10月18日広場)の噴水、サン=ヴァレリアン教会の尖塔、鉄道停車場など、ありとあらゆる公共施設が罹災しています

※シャトーダンの戦いにおける独軍損害○B砲兵第1連隊・6ポンド砲第9中隊戦死/下士官兵1名・馬匹8頭負傷/下士官兵6名・馬匹8頭○普第22師団戦死/士官2名・下士官兵20名・馬匹2頭負傷/士官3名・下士官兵71名・馬匹2頭行方不明/下士官兵2名○普騎兵第4師団戦死/下士官兵2名・馬匹1頭負傷/下士官兵3名・馬匹15頭○総計戦死/士官2名・下士官兵23名・馬匹11頭負傷/士官3名・下士官兵80名・馬匹25頭行方不明/下士官兵2名シャトーダン 中心街の戦闘 シャトーダンの経緯を聞き及んだモルトケ参謀総長は「住民が戦闘に関与した証拠をしっかり保存するように」と命じますが、それ以上この問題について論じることはありませんでした

しかし側近には「とんでもない事をしでかしたものだ」と嘆き、仏国民がこの「事件」で燃え上がらなければ良いが、と心配しました

 モルトケが恐れた通り、シャトーダンの「英雄的抵抗」は仏国防政府にとって格好の反独宣伝材料となり、トゥールの派遣部は早速この事件をニュースとして広め「シャトーダンを手本にせよ」と各地に檄を飛ばしました

あなたも好きかも:筑紫野 パチンコ屋
海外でもロンドンのタイムズ紙を始め多くの新聞で「シャトーダンの英雄的抵抗」はトップ記事となったのです

☆ シャルトルの戦い(10月21日) シャトーダン「事件」で脚光を浴びてしまうことになったフォン・ヴィッティヒ将軍と普第22師団は、戦い翌日の19日シャトーダン周辺に残って隊を整え、奪取した金品物資の整理を行いました

あなたも好きかも:バカラ オーナメント 飾り方
 次の目標シャルトルに向け行軍する街道沿いを確認するために先行した前衛はこの日、マルブエ(シャトーダンの北4.8キロ)とボヌヴァル(同北北東13キロ)に進出してロワール川渡河地点を警戒し、普騎兵第8旅団は数個騎兵中隊をシャトーダンの西と南へ派出し、仏軍の反撃がないか確認しました

 午後に入ると斥候より「クロイエ(=シュル=ロワール

同南西10.7キロ)より敵義勇兵と驃騎兵が進み出る」との警報が入り、普騎兵第4師団は一時緊急集合を発令します

これにより騎兵第10旅団はノットンヴィル(シャトーダンの東北東14キロ)に進み、前日18日からバゾッシュ=アン=デュノワ(ノットンヴィルの東南東4.5キロ)周辺で集合していた普騎兵第9旅団と合流しましたが、この時は仏義勇兵がシャトーダンに現れることはありませんでした

 シャトーダンの夜間戦闘 10月20日

普第22師団はシャルトルに向け出立します

 この日早朝には、オルレアンよりB軍砲兵2個中隊*が増援として到着し師団に合流しました

 師団本隊は夕刻までにヴィトレ=アン=ボース(シャルトルの南19.7キロ)に進み、前衛はル・タンプル(同南南西14.1キロ)に至ります

 普騎兵第4師団はシャルトル街道(現・国道N10号線)の西側に普騎兵第8旅団を、東側に残り2個旅団を進ませ、本街道を行く歩兵師団を援護させるのでした