小牧 スロット 花火

小牧 スロット 花火

そんな気持ちが強くなっていた

あなたも好きかも:スロット マキバオー 万枚
 自分の方が体力はあるし、まだまだがんばれる、と

「……とにかくこの上に立ってればいいんだよなっ?」 睨み訊く相川に、上島はキョトンとして顔をしかめた

「何? ……また卑怯なことでも考えているとかですか?」「卑怯も何もねーしっ

ここから降りなければいいって話だろっ?」「そうですよ? 二人でそこにいてください」 上島が釘を刺すように目を細めると、相川は「……よしっ」と頷き、フラフラになりながら震え耐える優樹の頭を見下ろした

「先輩、……ちょっとすみません

あなたも好きかも:スロット まごころを君に2
暴れないでくださいね」 念のために断りを入れる相川に、優樹は「……え?」と苦痛で歪める顔を上げた

その時だ

何を考えているのか、腕を掴み支えていた相川の両手が脇に下がり、「え? えっ?」と戸惑い見下ろす優樹の目の前で背中を曲げるなり腕を彼女の背中に回した

あなたも好きかも:黄門ちゃま スロット 歴代
その時、ちょうど胸の間に彼の顔が触れ、ビクッと肩を震わせたが、相川は脇腹辺りを強く抱いて「よいしょ!」と勢いづけて素早く抱き上げ彼女が踏んでいた紙ブロックへと空いていた右足をダスンッと下ろし「フンッ!!」と腰を伸ばして抱き上げた

「あ、相川君っ……!!」 優樹は顔を赤くして上半身を仰け反らせ、抱き上げる相川の肩を掴み足を曲げて上げ、オロオロと辺りを見回した

「う、動かないでっ……!」 相川は足を踏ん張らせながら、うろたえる優樹を落とさないよう、しっかりと腕を体に巻き付けた

「だ、大丈夫ですからっ……

じっとしててくださいっ」「お、重いよ!!」「重いですからじっとしててくださいっ……!」 集中して告げる彼の言葉が冗談なのかどうなのか探ることなく、優樹はためらいうろたえた

「だ、大丈夫だからっ