スロット 2 スロ

スロット 2 スロ

「なんだ?」 オーリは首を傾げるが、どうやら風音だけではなく、レームも何か言いたいようだった

あなたも好きかも:スロット 777タウン
そして、続いて出てきた言葉はもっともといえばもっともなものだったのだ

「オーリさん、臭いから風呂に入ったら?」「だな

超くせーぜ、おめー」 ずっと閉じこめられていたオーリはひどく臭かったのである

あなたも好きかも:パチンコ 海老名 清掃
◎風音コテージ 5F 大浴場 着替え室『ここがお風呂です』 パタパタと飛んで案内するタツオに連れられて、オーリは大浴場の手前に設置されている着替え室へと案内された

そこはかなり広めの部屋で、服等を置く棚と、洗面所にグルグルと回転している扇風機と、奇妙な椅子と、そこに座る……というか寝ている状態のバックスがいた

「おおおおーオーリか

起きたんだなーー」 バックスが締まりのない顔でオーリに声をかける

「バックス

お前も無事で何よりだが……何をしているんだ?」「何って……まっさーじちぇあとかいうものらしいぜー

おお、効くなあ

背中とか足とかをゴリゴリモミモミしてくれて超気持ち良いんだわ」 心底、気持ち良さげなバックスを見て、オーリもその動く椅子が激しく気になったが、タツオがくわーっと鳴いたことで自分が何をしに来たのかを思い出した

『まずはお風呂です』「そうだったな

あなたも好きかも:パチスロ シュタイン ズ ゲート 設置 店
私は臭いんだった」 ちみっこ二人から無邪気に臭い臭いと言われてオーリは若干ヘコんでいた

そして気持ち良さげなバックスの横で着ているものを脱いで、オーリは浴場へと入ることにしたのである

◎風音コテージ 5F 大浴場「これはすごいな」 スモークガラスの扉を開けてオーリが浴場の中に入ると、そこはまるでこの世のものとは思えない光景であった

『母上の自慢の一品です』 タツオがくわーっと鳴いて自慢をする

 湯船の中心に置かれた、湯を口から出す水晶竜の像も見事なものだが、大理石と鏡、水晶などで組み合わされたような浴場全体の光景もまたオーリの見たこともないものだった

その中で特にオーリの目を引いたのが湯船の中にあった