パチスロ 大海物語 解析

パチスロ 大海物語 解析

合流に向けての移動を最速で行う

「――、コノミ!」 ふわりと、空中に誰かが出現したかと思えば、見知った女と、狐の妖魔が甲板に着地した

やっぱり、私に預けた宝石を目印にして、移動できるらしい

そこまで認識して左手を小太刀から離す

 だが、私の緊迫した雰囲気と、同じ性質の緊張をコノミは抱いていて、こちらを見る目が鋭かった

「確認情報だ」 そして、事実を端的に伝える

あなたも好きかも:スロット アステカ 朝一
「今しがた、海に向かって〝雷龍〟ウェドスが飛び去った」「――」 それを見て、目にして、状況を理解して二人はここまできたのだ

僅かながらの好奇心と、見物料として労力を支払う見返りを持って

「逃げ切れねえよ」「知ってる

あなたも好きかも:パチスロ テイルズ
カイドウの船が見えた、合流する

たぶんあっちも、それを考えてる」「ああ――〝目〟があるのは当然ってか」「どう見てる?」「対応するのが誰かはわからないが、七龍の一人であるのなら、納得できる構図ではある

この状況から、おそらく、海王竜(リヴァイアサン)の承諾も得られているはずだ」「まあた面倒な……」 一旦操縦室に戻って、ほぼ平坦と思える海を割るようにして直進

どうやらカイドウも同じ考えだったらしく、同じタイミングで船を横に滑らし、側面部をがちんとぶつけ合った

 そこからの行動は早い

「シュリ!」「聞こえてる!」 前から後ろまでに五本のロープを、まずカイドウの船に投げる