パチンコ 超大型店

パチンコ 超大型店

 だって駆なら、絶対に忘れないんでしょ? だからアンタに記憶を見せたのよ

私がいつでも見れるように

絶対離れたりしないんだから、覚悟してよね

あなたも好きかも:パチンコ ヤマフジ 個室
「キリハさん……ありがとうございます」『もう……お礼ならさっき聞いたわよ』「違います

俺の両親を好きになってくれてありがとうって言いたかったんですよ、キリハさん」 え……なんで? なんで私も泣いてるの?『……駄目なの

もうあの人たちは私のことなんて憶えていないのよ? 憶えていないんだから……』「キリハさん……」 駆が優しく抱きしめてくれる

温かくて安心する

良い匂いがするから大好きなのよ

「大丈夫です

忘れていたって、絶対キリハさんのこと気に入るはずですから

それにね

俺の記憶能力は、両親譲りなんですよ」   ずるいわ……そんなに優しく笑いかけないで

好きになっちゃうから、もっともっと好きになっちゃうから

あなたも好きかも:エルドラクラウン カジノ
でも、ありがとう

アンタが言うと、そうなのかもしれないって思えるわ

不思議ね

「でも、良いもの見せてもらいました

キリハさんが俺のベッドでくんかくんか――――」『駄目ええええええ!! 忘れなさい、今すぐ