パチスロ ハマリ

パチスロ ハマリ

 オリアン=リバイエンが己の活動のために数十年前買い取った屋敷は、豪邸としか言い様がない

龍の都というだけあって、龍を模した装飾がいたるところに施された門が、彼女を出迎えていた

いや、出迎えたのは門だけではない

あなたも好きかも:スロット 麻雀物語3 やきとり
 白髪の老紳士が、門前に立ち、彼女の到来を待ちわびていたのだ

「おかえりなさいませ、お嬢様」 ミリュウが物心付く前から屋敷に仕えていた執事は、目に涙さえ浮かべていた

あなたも好きかも:パチンコ sfc
「こういうとき、どういう風にいえばいいのかしらね

ただいま?」 ミリュウは、執事の表情に胸を打たれながらも、距離感を確認するように問いかけた

白髪の老執事は、ミリュウの反応をある程度は予想していたのだろう

表情を変えぬまま、穏やかに告げてくる

「お嬢様の思うままに」「じゃあ、なにもいわないことにするわ」 帰ってきたわけではないから、ただいま、などという気にはなれなかった

出迎えてくれた彼には悪いと思うのだが、この屋敷に戻るつもりはない

ここには、必要があるから覗きにきただけであり、用事が終われば、すぐに出て行く予定だった

あなたも好きかも:パチンコ キクヤ 昭島
そして、もう二度と近づくことはないだろう

「ただ、また会えて嬉しいのは事実よ、セナ」「わたくしめの名を覚えておいでくださっていたとは……感涙にございます」 名を告げると、彼は、瞳をことさらに震わせた

目に溜め込んでいた涙が、いまにも零れ落ちそうだった