知らぬ存ぜぬ パチンコ

知らぬ存ぜぬ パチンコ

お主は分からない情報を集めておいてくれの」「相分かった

では頼むぞ」「応」 その言葉を最後に、木幕はスゥーと消えて行ってしまった

あなたも好きかも:北斗救世主伝説 スロット
「な、何故…!」 エレオノールは立ち上がっていた

「控えよ」という声が男たちから響く

 王太子は、それを手で制してエレオノールをまっすぐに見つめた

「何故だって?決まっているだろう

そのガキが帝国軍のスパイだからさ」「な、何を根拠に…」「ない」「え?」「絶対的な根拠などはない

あなたも好きかも:パチンコ ぼったくり
だけど、どう考えたって怪しいだろ?明日開戦って時に、野営地に近くで倒れてたガキなんてさ

おまけに記憶がないだって?怪しさ満点だね

それならいっそ、首をはねた方が出陣前の景気付けにもなるってもんだ」「ですが…いきなり命を奪うなど」「なら、そいつがスパイだった場合にどう責任を取る?」「…」 自らの生死が決定する瀬戸際にありながら、椿の思考はどこかぼうっとしていた

(まさか、こんな軽いやり取りで命が奪われるなんて…そんな事、流石にないだろう) そんな事を心の奥底では考えていたのだろう

しかし、王太子は容赦なかった