福岡県 福津 パチンコ

福岡県 福津 パチンコ

 ……だ、大丈夫かな? 供給の間から出ると、それぞれの側近達が待ち構えていた

おじい様に抱えられているわたしに皆が驚きの目を向ける

「ボニファティウス様!?」「ローゼマイン姫様!?」 他を押し退ける勢いでやってきたリヒャルダにおじい様はわたしを差し出した

リヒャルダがわたしを抱き上げると、大仕事を終えたかのようにおじい様がやりきった笑みを浮かべて息を吐く

「リヒャルダ、ローゼマインの具合が良くない

薬を飲ませているので、今日はもう部屋で休ませるように、とフェルディナンドが言っていた

あなたも好きかも:戦 コレ スロット
後は頼んだぞ」 リヒャルダに交代するまでビクビクしていたが、落とされることもなく、放り投げられることもなかった

「ボニファティウス様、ありがとう存じます」「む? うむ

よく休め」 フッと一度笑ったおじい様がコホンと咳払いして厳めしい顔になって、もう一度供給の間に入っていった

わたしはリヒャルダに抱えられたまま、部屋へと戻り、寝台へと直行である

 そして、エントヴィッケルンが行われる予定の日、十分な魔力が溜まったので、予定通りに5の鐘で行われる、と昼食の席で養父様が言った

あなたも好きかも:パチスロ リゼロ
 5の鐘に向けて、薬と休憩で体力と魔力をきちんと回復させ、わたしは領主の執務室へと向かう

「兵士や商業ギルドへの連絡はきちんと行われたらしい

騎獣で下町の様子を見てきた数名の騎士によると、4の鐘の後から一気に人の気配がなくなり、家の窓まできっちりと閉められた状態になっているようだ」 そんなお父様の報告があり、領主の血を引く上級貴族のみが入室を許された執務室で 、リヒャルダに見送られ、フロレンツィア、ボニファティウス、神官長、ヴィルフリート、シャルロッテ、そして、わたしが供給の間に入る

 領主である養父様は、一人で礎の魔術がある場所に向かうらしい

そこでエントヴィッケルンを行うことになるのだそうだ

わたし達の役目はエントヴィッケルンでほぼ空になる礎の魔術に魔力を供給することである