パチスロ 機械 割 と は

パチスロ 機械 割 と は

流れを覆すゲームチェンジャーのひねり プロットをひねるこのハードルの上げ方は、要するに主人公(と読み手)に「あなた、実は半分も見えていないよ

あなたが本当に相手にしているのはこれ」と伝えることです

 中間点のひねりと呼ばれています

あなたも好きかも:パチンコ依存症 ブログ
スリラーやミステリーの書き手が好んで使う手です

「偽りの勝利」を手にしたと思ったら、容疑者がひとりではなくふたりだったと証拠が示しているひねりもあります

あなたも好きかも:まどマギ スロット ワルプルギスの夜 画面
 ハードルの難易度が二倍増しです

捜査はさらにプレッシャーをかけられることになります

あなたも好きかも:パチスロ 化物語 お人好し 引き戻し演出
パーティー、祝宴、人前に出る 中盤で大きなパーティーとか祝宴が出てくる作品が結構多いことに気づくはずです

パーティーとか祝宴はハードルを上げるイベントに見えないかもしれませんが、確実に上げます

 現在主人公は第二幕「非日常」の世界にいるのは確かですが、世界中に向かって「自分は変わった」と大声で触れまわってるわけでもないのです

おそらくこの段階ではまだ心の一部が第一幕「日常」に残っています

 そんな主人公を「中間点パーティー」に参加させます

そしてパーティーとか祝宴で大勢の前に出て、第二幕「非日常」の世界の一員になったと宣言する機会を与えます

衆人環視の中で「カミングアウト」するので、引っ込みがつきにくくなります

 以上「9.中間点」のサンプルを読みながら、もしかしたら「求めるもの」から「本当に必要なもの」への微かな移行に気づきましたか

「9.中間点」で三つ目に大事なのは「表の物語」と「裏の物語」が交差し、主人公が「本当に必要なもの」がなにか探るために、それまで「求めていたもの」を手放すことです

 でも次のページで必要なものが見つかるわけではないし、次の章でも見つかりません

主人公がそこにたどり着くのは、まだまだ先のこと

正確にはセクションにして三つ先です