Pigasus and Friends

Pigasus and Friends

 ログを確認すると、『不死』はLV4に、順当に上がっていた

その他、肉体強化系、魔力増幅系も少しずつ上がっている

スキルのレベルが違うということは、それが刻まれた魂も違う形になっているはずなので、ここにいる私と、虚空から話し掛けてくる私は、完全に別の存在、別の個体であると断言できる

《うん、発声は上手く機能してる

あなたも好きかも:グラブル カジノ 種
念話でも意思の疎通は可能だろうけど、これはあった方がいいね》 脳だけの魔道具になった『元私』には目も耳も鼻もない

魔力感知によって波長を感じる力があれば、これら器官は不要だったりする

ただし問題があるとすれば、これは本体からの魔力が影響できる範囲、ということになるので、近距離に限られてしまうということ

それをフォローするための感覚器官は別途必要かもしれない

あなたも好きかも:爆 サイ スロット 福岡
 発声器官としての魔道具だけを設置してみたのだけど、当面はこれでいいのかな

声質は似せてみたけど、こんな声なのかなぁ

《そっちから、私のスキルは見られるかい?》「――――『鑑定』

うーん? ――――『人物解析』

あなたも好きかも:パチンコ 導入 検索
うーん?」《ダメ?》「うん、見えない