スロット 取りきれなかった 次の日

スロット 取りきれなかった 次の日

あなたも好きかも:pulsar スロット 天井
夢心地と言う言葉はたぶん、こんな時のためにあるんだろうな

とボンヤリ考えながら、泳ぐ方向を下に変え上に変えお互いでリードを取り合いながら、三百六十度、ベッドの中に現れた海中を泳いでいく

あなたも好きかも:フラッシュゲーム ブラックジャック
急上昇して、海面に飛び出したり、そこから深海まで潜ってみたり、色々と二人で試してみた記憶がある

気付いたら果てていて、疲れた俺たちは手を取り合って深い泥のような意識の海底へと沈み込んで行った

あなたも好きかも:創聖のアクエリオン スロット 曲
……どこかの施設の中だ

眼前の広いガラス越しには宇宙空間の中に地球のような青く美しい星が大きく映る

その星の周囲には虹色の帯状のリングが幾重にも取り囲んでいる

「実験のために人々を犠牲にするのですか!?」俺は白衣の、豊かな白髪を生やした老教授のような人物に問いかける

「仕方が無い

良いか、この星は物理的に汚され続ける

 さらには精神的にも犯され続けているような状態なのだ

 そろそろ定期的な掃除屋が必要なのだよ

分かるだろう?」「しかし!?神をも恐れぬ計画ですよ、これは……」「人々は傲慢で、慎みを忘れ、神から恵まれたミィーティアノイド達ですら 科学の力で、生活の糧や、軍事の種にしてしまった」「……」「断罪されるべきだとは、思わないかね

 制裁されるべきなのだよ

その傲慢さゆえに滅びの時は迫っている

 ならばせめて代わりに、我等の手で、何もかも新しく作り変えようではないか」俺は隠し持ったナイフをその老教授のような男の腹や胸を何度も突き刺した