happistar

happistar

あなたも好きかも:国立 パチンコ イベント
あの子達はずっと二人でいたわけで

そう……ずっと二人でいちゃいちゃいちゃいちゃ…………ぶほっ

い、いかん……落ち着けマーリン! うう……タオルタオル

あの二人の仲の良さは、アーヴィンでの一件以降少しだけ毛色が変わって見えた

なんというかこう…………信頼や信用を超えた……そう、家族愛の様なもの

そうだ、あの二人はお互いを家族だと認識しているんだ

可愛い妹と、頼もしい兄

あなたも好きかも:oras スロット
そう考えると、ずっと抱いていたこのモヤモヤも晴れる

「ぐふ…………ぐふふ………………じゅる」 ミラちゃんの口から二部屋と聞こえた時には、まさか男女で分かれるのだろうか? もしかして、僕とミラちゃんが同じ部屋に泊まるのだろうか? なんて懸念もしたが……うん、そこはしっかり予想通りの結果となった

「ぐふふふ…………じゅるり

はあ……はあ…………」 初めて会った時から感じていたことがある

あの二人はもしかして…………? と、ずっと考えていた

それを確かめるべく僕は色々手を打ってきた

あなたも好きかも:コンチ スロット 音
こうして隣の部屋の音を聞こうと壁に筒を当てているのだってその一環だ

失敬、話がズレたね

「はあぁぁぁ…………良い…………非常に……良い…………」 さて、本題に入ろう

僕はマーリン

大魔導士、星見の巫女、勇者を見出した賢者