鶴瀬 駅前 パチンコ

鶴瀬 駅前 パチンコ

君と比較すれば、だれだってそうならざるを得ない

だから、君が同盟者になったいま、西帝国の負けはなくなったといえる』『まあ、そうだな』『だからこそ、君に頼むのさ

君ほどの力の持ち主なら、何万っていう規模の敵兵がきたところで、一網打尽にできるんだろう? それをどうか思い止まって欲しい

あなたも好きかも:アクエリオンevol スロット 天井
東帝国は敵だ

あなたも好きかも:パチンコ ウルトラセブン2 潜伏
けれど、東帝国の臣民は、そうではない

我が帝国によって南ザイオン大陸が統一された暁には、我が国の民となり兵となるんだ』『……そういう話なら、わかったよ』 セツナも、頷かざるを得ない

あなたも好きかも:パチンコ 甘 良台
そもそも、無駄な殺戮には嫌悪感を抱いている

セツナはこれまでの人生、普通の兵士が殺しきれないほどのひとや皇魔を殺してきたのだ

数万では足りないくらいの命を奪ってきた

いまさら、その数を積み重ねようとは想わない

『もちろん、君に命を張って戦ってもらうんだ

絶対に殺すな、だなんていわない

君や君の仲間の無事が最優先事項だ

そのためならある程度の犠牲はやむを得ない

君を失うことのほうが、遙かに深刻だからね』『陛下の仰せのままに……』『だからさ、俺と君は対等な関係なんだってば』『いやだって、こういうの、好きかなーって』『怒るよ?』 などと冗談めかしく笑い合ったことを思い出したとき、セツナは、ラーゼン=ウルクナクトの後ろのふたりがほとんど同時に呪文を唱え終えるのを目の当たりにした

「武装召喚!」「武装召喚!」 異口同音に告げられた呪文の結語が、ふたりの武装召喚術の完成を告げ、発動を促す