マルキ パチンコ 戸田

マルキ パチンコ 戸田

僅かにホワイトが入った髪は腰元までと長く、紅音よりも背丈は低いか

発育も古宮よりも良いらしく、口調のせいもあってふわふわした印象を受ける

これまた付き合いはあるのだが、なかなか捉えどころがない厄介な女だ

「まあお二人とも、僕は今日来たばかりなので、とりあえずはよろしく

右も左もわからないからね」「ま、大丈夫だろ

ほいお茶」「ハルさあ、ここは緑茶じゃなくて紅茶だろお

買っとけよお」「なんでリイディの趣味に合わせなくちゃいけねえんだ、俺の趣味に合わせろ」「あんこ系の茶菓子って太るのよね……」「出さねえよ、微妙な催促してんじゃねえ

あなたも好きかも:ウルトラジャンボ パチンコ
あー、こいつらは一応、学友な

授業科目は違うけど」「そういえば、学科も部活ほどではないにせよ、数があるって言ってたね

あなたも好きかも:本宮 パチンコ屋
もしよかったら、教えてくれないかな」「俺らのか? つっても、俺は一般学科だぜ

普通科っての?」「私も一般学科よ

部活はやってないけど、スポーツは多少やるから同好会に入ってる」「同好会というと?」「ん……そうね、趣味で遊ぶためのグループかしら」「なるほど

あなたも好きかも:西川口駅 パチンコ屋
バカラを楽しもうにも一人じゃできない、か」「なんだそのたとえは」「ちなみにカジノもあるぜえ」「へえ――そうなんだ」「一応、公共の賭場だけど、あそこは警備部や管理課の根城みたいなもんだぜ」「ふうん

まあ僕は、基本的に賭け事はやらないけれど」 俺もやらない

勝てるかもしれない、なんて勝負は負けるかもしれない勝負と同じものだ

どちらにせよ、大きなメリットがあると避けたくなる