ジーセブン パチンコ

ジーセブン パチンコ

もう一度言うけれど」「そのようなことは些細な問題だ

あなたも好きかも:下松 パチンコ メトロ
………それにしても、もう一度見付けられるとは思わなかった

最初に会った時はすぐにいなくなってしまったし、あの店で再会する前に見た時には、がりがりで傷だらけでずっと震えていたからな」「…………………え?」思わず声を上げて目を瞠れば、良く見れば魔物らしい美貌をした眠そうな目の男はふっと笑う

そのよく熟れた苺のような赤い瞳に、グレーティアははっとした

あなたも好きかも:のぼり パチンコ店
「白樺が子飼いにしていた魔術師達が、檻に入れて捕まえていた竜の子供を見たことがある

その竜は気に入っていたので貰い受けようとしていたのだが、その前にいなくなってしまった

次に会ったのが、あのラエタの食堂だ

でもまたお前はどこかに行ってしまって、もう会えなかった」「…………………え?」言われたことが飲み込めず、呆然とムガルを見返したその時、テイラムが強引に二人の間に割り込んできた

「駄目ですよ、グレーティア!そんなことを言い出したとしても、筋金入りの変態だと証明されただけで、絆される理由にはなりませんからね!!」「…………はっ、そ、そうだったわね

あなたも好きかも:2012 パチンコ
一瞬、何だか昔から私を知っているのねって胸が熱くなりかけたけど、こっちからすれば何の接点もないただの通りすがりじゃない!」拳を握ってそう反論すれば、ムガルはつんとそっぽを向いた

「ははは、暫くは賑やかなままかのう」そう笑った父の姿に、死者の国から帰ってきた小さなウェルバの笑顔を思い出す

『良かった

やっぱりお父さんが、この子を助けてくれたのね

グレーティア、お父さんは研究に夢中になると一か月くらい部屋から出て来なくなるから、私の代わりに食事とお風呂の面倒を見てあげてね!あなたはもう、うちの子なんだから』小さな小さなグレーティアの宝物は、そう微笑んで教えてくれた

食べさせるよりも、食べさせられる側だと話したグレーティアに、少女は笑ってその関係でもいいと言ってくれた

そっと手を伸ばして小さなウェルバの頭を撫でてみる

そうすると嬉しそうに笑ってくれたので、グレーティアは幸せな気持ちになった

『…………笑ったぞ!!グレーティアが、笑った!!!』『……………お父さん、もしかして、この子をまだ笑顔にしてあげられていなかったの?』『………………ウェルバ』しゅんと項垂れた養父を見て、グレーティアは驚いた

小さなウェルバの養父母も声を上げて笑っていて、彼等は、自分達もグレーティアの様子を見ていてあげるから、安心するようにと彼女に約束している