グランシップ パチンコ

グランシップ パチンコ

「まだ半ラグヌス(年)あるから、それでもいいけど できるだけ早めに、東の大陸に着いて 七つの装置の破壊を始めるぞ」「もっちろんよ!美射さんに任せなさーい!」「ナーニャさんにも任せてよねー」娘と謎小人はニコニコしながら言ってきた

どうやらかなりの長旅になりそうである

あなたも好きかも:バンダイ 麻雀 ゲーム機
間違いなく長旅になるので準備を念入りに始める

マイカの残していった布袋の食料の残りを俺のリュックに入れてさらに、医療用の服の中にも使えそうなものがあるか全員でスリガラスの扉の中の部屋を探していると「おーさすがマイカちゃん 髪染めスプレーあったわよ!」棚に小さな体を入れ込んでいた美射が叫ぶ「あ、そっかー変装しないとだねー」ナーニャが嬉しそうに数本のスプレーを取ってきて「閃いた!どうせなら違う人を演じない?」「……違う人?ああ、喋り方を変えるとかか?」ナーニャは首をブンブンと横に振って「違うよ!もっとちゃんと設定とか作るの」楽しげに言ってくる

あなたも好きかも:スロット た行
「あの……い、いや、さすがだぞ

 ナーニャ」こんな苦境でも遊び心を忘れない娘を俺は親として全力で応援したい

美射がニヤニヤしながら「じゃあ、こんなのどう? ナーニャちゃんは、旅のお嬢様で 但馬はその召使ね

私はお嬢様を守る妖精よ!」「なんだそのファンシーな設定……

あなたも好きかも:スロット 聖闘士星矢 コスモビジョン
 あと、お前は、耳元に悪意を囁く幽鬼とかにしとけよ……

 身の程をわきまえろ……」「ちょっとーもっと私の本質を正確に捉えて 頂けませんかねー

光の上位神ですよ? 善の守護者ですよ?」謎小人は近くの長椅子に飛び乗って、妄言を吐きながら抗議してくる

ナーニャは俺たちを交互に見ながら「わかった!じゃあ、私が決めるよ! ちょっと待っててね!」ナーニャは部屋の隅に駆けて行ってかわいらしく設定を考えて居るらしき小さな独り言を喋りだした