スロット 時給計算

スロット 時給計算

「巧妙に隠れてはいますが、接触した部隊からの報告だと そうとしか思えません」ルーナムも眉をひそめる

あなたも好きかも:鉄拳4 パチスロ
「半ラグヌス(年)前に、南部領端での大規模戦闘では 押しに押され、ローレシアン八宝を三つ使い、やっと撃退しました……

 相手とその部隊にも重症を負わせましたが、 その際に八宝の使用者を二人殺されています」うわ、なんか怖い話になってきたな

あなたも好きかも:スロット 名機 ランキング
そう思いながらも俺はこの話に、何故か引きこまれているのが不思議だ

「ふむ……

流れ人に対抗する力は何とかあるんですな」「ええ、スガ様が残してくれた八宝で何とか凌いでいるのが現状です」「つまり、旦那がローレシアンに残ったのならば いずれはその流れ人と決戦を行う必要があるわけだ」「遅かれ、早かれそうなると思います」「ふーむ……」ザルガスは髭をさすりながら、何かを考え「旦那はどうしたいんですかい?」俺に意見を求めてくる

「んー……今のところ流れに従うしかないかな……

 スガの残した王国や、あいつの子孫にも会ってみたいし」「……わっかりやした

というわけだルーナムさん

 旦那はローレシアンに残るらしいぞ」「ありがたいことです」張り詰めていた表情を解き、ルーナムはホッとした顔をする

ザルガスは少し意地悪な顔をして、すやすや眠るアルナを指差し「あわよくば、流れ人である旦那の子種を孕まそうとしたんだろ?」ニヤニヤしながらルーナムの方を向き直り、腕を組んだ

「……」複雑な表情をして黙り込んだルーナムをザルガスも無言のままニヤニヤと見つめ続ける

「シンタロウ様と私は、古い付き合いでしてな」「病床の彼から頼まれたのですよ

アルナを」それだけ言って白髪のルーナムは再び黙り込んだ

「……あんた、思ったよりはるかに信用できそうだな……」ルーナムを見直したザルガスは「旦那ぁ、この人を王国とのパイプ役にしましょうや

 立場、人間性、この人なら間違いねぇですわ」「分かった

ルーナムさんもそれでいいか?」「願っても無い申し出でです

私個人としても、 第三王子領一同としても、本当にありがたいことです」ルーナムは両手を差し出して、俺の右手を強く握り返す

うっすらと政治的な思惑もあるんだろうなという感じはするが、まぁ、ここ数日の行動で見た目と裏腹に部下思いで、俺たち兄弟のこともよく考えているザルガスを俺は信用したし、そのザルガスがルーナムを信頼できるっていうんなら、それでいいだろう