シーマスター スロット 機械割

シーマスター スロット 機械割

あなたも好きかも:スロット 北斗の拳 新伝説創造 天井期待値
勝機があると口にしながら、それではまるで……」「ええ、そうね

でも、この先には間違いなくお前の敗北が待っている

私の勝利はその後に勝手に付いて来るのよ」 敗北と勝利とは同時に現れるものじゃないのか……? 僕の疑問はきっと犯人の中にもあっただろう

それくらい異常なことが起きている

あなたも好きかも:パチンコファイト 天神橋
いいや、ミラの手で起こされているのだ

 お互いがお互いを突き飛ばさんと放った突進は、その覚悟も虚しくすれ違いという結果を生んだ

いや、ミラがそうした、躱したのだ

真っ直ぐに弾き飛ばさんとする犯人のそれと、強化によってとんでもないスピードになってる自分

接触までの時間なんて僅かで、一目散に逃げ出そうとしたって出来るかどうか

それでも、ミラは身体を翻して男の肩を避けた——その死角である頭上をギリギリで跳び越えたのだった

あなたも好きかも:ツインブレイク スロット
「——さあ! いつでもかかってらっしゃい! アンタがどれだけの力自慢か知らないけど、もう私には指一本触れられないと思いなさい!」「————よもや————」 犯人はミラの挑発に苛立つそぶりも見せず、ゆっくりゆっくりと歩き始めた

ゆっくりと、真っ直ぐでは無くミラの右手側へ回り込む様に

じりじりと間合いを詰めて、避けられないギリギリの距離から突き飛ばすつもりなんだ

「そう——そうよ、それで正解よ

そうすれば私は避けられない、そうすればお前は私を倒せる

でも——だからこそお前じゃ私に届かない——」「——戯言を————っ!」 ゴグ——と、喉に唾がつっかえて、つい咽せてしまいそうになる

息が詰まるとかそんな話じゃない