拡散性ミリオンアーサー スロット

拡散性ミリオンアーサー スロット

 だが、その熱意に押され、僕はたじろぐ

「そう言われても困るよ

君を引き取る理由が僕にはない

あなたも好きかも:バカラ 赤
君にも適職を用意したから、そこへ行ってくれないかな……?」「奴隷なんて関係なく、自分の意思で私は貴方についていきたいと思いました……

だから、お願いします

あなたも好きかも:パチンコ 金 時
どうか私を連れていってください……」 溜めていた涙をこぼしながら、少女は僕を見上げる

 頬は紅潮し、身体が震えている

 彼女は勇気を振り絞って告白しているとよくわかる

 しかし、僕には迷宮最深部を目指すという目的がある

ここで首を縦に振っていては、いつまで経ってもその目的を果たすことはできないだろう

 以前の僕とは違う

あなたも好きかも:akb パチンコ ジャンケン
 意思を固めて、首を振る

「……君は何か勘違いしてる